除毛クリームの髭への使用と注意すべきチェックポイント

髭

 

「毎日のヒゲ剃りって面倒くさいよね〜、なんか簡単に処理できないかな〜ってことで除毛クリームを使おう!」と思ったことってありますよね。

 

除毛クリームってほとんど痛みが無いし、はじめての方でも短時間で簡単にムダ毛が処理できるんです。除毛クリームを実際に使ったことがあるなら「こんなに簡単なのって!」思うのですが、顔に至っては別です。当然、髭もね。

 

除毛クリームのほとんど、80%以上の字除毛クリームは顔の使用を禁止しています。絶対使ってはダメというわけではないのですが、顔が腫れあり赤くなったりと言った症状が出る可能性があります。

 

基本的には商品の裏側やパッケージの裏側をしっかり読んで確認してください。

 

そして除毛クリームの髭の使用ですが、結論から言うと止めておいたほうが無難です。

 

なぜなら期待通りの効果がないと思うからです。女性用にオススメしている除毛クリームで顔の使用がOKというのもあります。

 

例えばヘアーリデューシングクリームやディー・レジーナ・エピ・プレミアムは顔の使用がOKです。

 

でもよく考えてください、女性の方が男性より毛が濃いことはあんまりないのではないでしょうか?

 

ということは、顔の使用がOKというのは産毛に使用OKと考えた方が良いとおもいます。髭に効果があるとは一言も言ってません。

 

髭って毛自体が太く、毛根もしっかりしています。そこを根こそぎ除毛することは、肌へのダメージも大きいと考えるのが妥当です。

 

除毛クリームの顔への使用は禁止されている除毛クリームでは止めたほうが懸命だし、髭以外に効果が期待できると考えたほうが正解です。

 

 

除毛クリーム以外で顔に使えるものってないの?

選択

 

髭への除毛クリーム使用は、顔への使用が可能な除毛クリーム以外は使うべきではありません。

 

また髭そのものに使える除毛クリームは、基本的にはないと考えたほうが良いと思います。

 

顔の産毛用と考えた方が無難です。口周りのちょっと薄い産毛のような髭のようなものかな。

 

さて、面倒くさい髭対策として除毛クリーム以外で顔に使える物ってないの?ということですが、除毛という考えから抑毛にシフトしてはいかがでしょうか?

 

抑毛ローションは除毛クリームに比べて、顔に優しくトラブルも除毛クリームよりは少ない。

 

抑毛クリームは少しでも髭の生えるサイクルを遅くするという考え方では、効果が期待できます。

 

どうしても抑毛クリームでも納得ができない場合は、エステや医療などの脱毛を考えるしかありません。

 

今のあなたの除毛・脱毛に際する状況や費用など、また季節感なども考えて対処してはいかがでしょうか。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加